2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

皆生参戦記(Finishはできるのか。。。RUN編)

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
ご訪問、ありがとうございます。

今朝のOWSが早かったので、昨日のブログはお休みさせていただきました。

昨日もスピニングバイクのR30とスイムで、頑張らない程度の練習。

そして、本日はバイクで葉山へ。

OWSの練習会では、チーム北島のコーチをされている大西さんやGRAD5の岩佐さんへ皆生の報告と原因探しのお手伝いをいただきました。

たぶん原因がわかったように思います。それは、次回に。。。



それでは、皆生参戦記 RUN編です。

バイクのFinishで、両脚大腿部の前後ともに攣って、しばらく動けず。

とりあえず、これ以上悪化しないように、バイクをラックにかけ、トランジションバッグをとって着替え。

バイクシューズをRUNシューズ(アディゼロ Japan2)、ヘルメットをキャップ、バイクジャージをRUN用のウエアに着替え、VESPAを飲んで、ボトルポーチを持ちます。

さらに、今回の出来事を予想していたかのように出発前に購入してトラバッグに入れていた「エアサロンパス」を持って出発。

これを購入する気持ちになっていたことが、今回の大会を物語っているのかもしれません。

RUNスタートの時に、ウエアの前空きファスナーを閉じるように促されました。

スタート地点のエイドでフルーツをいただき、ボトルにOS-1と氷をいれて ながーい旅に出発です。

img005 (2)

<この下向きが、今回のレースをすべてかな?>



脚に不安を抱えてのスタートなので、キロ6がやっと。

1キロ過ぎたあたりで、またまた吐き気が。。。。

これは、明らかに熱中症の感覚。

運よく(?)早速、皆生の特徴である信号待ち。

とりあえず止まっての水分補給は問題なさそうです。

最初のエイドは4.1km先。

それでも、私設エイドの方がたくさんいてくれて、水のぶっかけサービスをしてくれます。

なんとか天満屋のエイドへ到着。

一応、キロ6半くらいでは走れそうです。

ただし、熱中症と脚の痛みの対策は必要。

天満屋のエイドでガスターを摂取。

ロキソニンを飲もうかと思いましたが、肉離れも怖かったので、関節の痛みではないため止めました。

次のエイドは5.7km地点。

この大会で初めてのトイレです。

ここで、違和感に気付きました。

トライスーツのパンツの上に履いていた、パッドの厚いレーパンを脱いでいませんでした。(>_<)

まだまだ先が長いので、どうしようか考えましたが、ブリックランでは厚いレーパンでも走っていたのでこのまま行くこと決めて出発。

そしてこれも皆生恒例の陸橋。

痛めている大腿部には、結構効きます。

中海テレビのエイドで、ここジョミとパワージェル。

水分も補給できるようになったので、熱中症による脱水の危機は減ったかな。

このあたりからは、とりあえず折り返しにあるスペシャルドリンクを目標に前に進みます。

信号待ちでは、エアサロンパスと屈伸(深くはできない)運動。

エイドでは氷とスポンジ、塩とスイカ など 徐々に内臓は元気になってきました。

飛行場周辺は歩道も細く、すれ違う選手との距離も近いです。

10kmあたりで、トップの吉村選手とすれ違い、14kmあたりでカボスさんとすれ違い。

声をかける元気がやっと出てきましたが、脚が言うことを聞いてくれません。

私設エイドも多く、アイスクリームはとってもうれしかったです。


とりあえず、エイドと信号以外は止まらず、歩かずに折り返しまで到着しました。

ここまでで、自分の時計で2時間30分くらい。

徐々に心拍もきつくなってきており、脚も筋肉痛とは別のだるさも出てきており、6時間を覚悟しました。

まあ、ランをスタートした時点(もっというとバイクの20km地点)でタイムは気にしてませんが。。

折り返しのスペシャル(レッドブル+OS-1+ジェル) を受け取り、さあ、あと半分。

いきなり長めの信号に止まって、自分の持っている エアサロンパスで参加者と交流。

「必ずFinishしましょう!」と声を掛け合って、自分は置いていかれます。(^_^;)


なんとか30kmまでは、エイド、信号以外で歩くことなく来ましたが、かなりキツイです。

このあたりから、歩き+ジョグで距離を稼ぐ状態。

エネルギー切れかと思って、ボトルポーチに入っていたはちみつベースのジェルを。。。

開けられない。。(>_<)

指先の感覚が鈍いのか、握力もなくなっているのでしょうね。

次のエイドで、お願いして開けていただき、なんとか補給。

帰りの陸橋は、行きよりもキツかった。

このコースは、本当に坂はないといってよいですが、信号や陸橋でリズムを乱し、ゆっくりジョグのひとにとっては、至福ではあるのですがモチベーションも下がります。

最後のエイドで、エアサロンパスを「後続の方のために使ってください」と預けて、ゆっくりとFinishを目指します。


ゴールの東山競技場が近ずき、完走を確信。

トラックに入ると、神奈川でトライアスロンの大会などでボランティアをされている女性が声をかけてくれました。

ひとりで参加しているので、ここで声をかけていただいて、とっても嬉しかったです。

トラックでも、並走してくれました。


そして、辛く長かったレースの Finish!!



ここまで決して1人では来れなかったと思ったら、自然と振返って感謝の御礼をさせていただきました。

ボランティアの方にアンクルバンドと、折り返しでいただいたゴムを外していただき、Finishのタオルをかけて終了!

フィールド内の芝生で、ながーい道のりを振り返りながら、バタン!

15分くらい横になっていたでしょうか?

やっと起き上がる気力がわき、預けていた荷物用テントに向かいます。

向かうと、向こうから荷物をもって走って近づいてくる女の子。

本当に感謝。

しばらくすると、本日の会場入りにお世話になった「たかたかた」さんがFinish。

たかたかたさんは、地元の友達やご兄弟の家族の方たちとのFinishで、非常に元気でしたね。

そして、皆生名物の鉄人ラーメン(選手無料)をいただき、やっと生き返った感じ。



ここからどうやって戻るか。。。

皆生温泉でバイクをピックアップして、荷物を3つ持って自走で帰るか、一旦ホテルへ戻ってからピックアップするか。。。。後者を選択し徒歩開始。

途中で「マッサージ」の文字を発見。

もう脚がキツかったので、迷わず選択。

入ると時間も遅かったためか、マッサージを受けている人はポツポツ。

下半身中心にお願いし、30分以上マッサージをしていただきました。




そして、15分程度歩いてホテルへ。

ランの恰好でホテルに入って、周囲の目は・・・・気になりません。

部屋に入って、時計を見るとピックアップ時間はオーバー。

夕飯は、朝に食べなかったカレーうどん。

ゆっくり、お風呂に浸かってひとり反省会してました。

本当に 初ロングの佐渡、初挑戦の宮古の悪いところをすべて引き継ぎ、しかも脚の不調まで。。。

それでも完走できたのは、練習の成果と納得してこの日はバタン。



今日の積上げ
長水路ナイタースイム 2400m

<img007.jpg
ご拝読、ありがとうございました。こちらでも、多くのトライアスリートと出会えます!
スポンサーサイト
[ 2013/07/20 ] レース | TB(0) | CM(5)

ケンチョーさん

拍手コメント、ありがとうございます。
今回の場合は、自分のバイクセッティングミスです。
それで脚が攣ったと思ってます。
普段は脚が攣ることはないのですがね。
まぁいろいろあるのがロングレースなのでしょうね
[ 2013/07/20 16:53 ] [ 編集 ]

スイム、バイク、ランといわっさんの参戦記録を読むと自分の皆生参戦時の記憶がよみがえってきました。皆生の暑さに苦しめられた記憶が。バイクでも信号や地下道などで止まったり降りて歩いたり。ランは信号を守りせっかく稼いで走っても後から追いつかれたりしてモチベーションが下がったり。かなり戸惑いがあり調子が崩れました。そのレース毎に特徴がありますから何とも言えませんけどね。でも苦しんだ分、今後にプラスになると思います。お疲れ様でした。
[ 2013/07/20 19:14 ] [ 編集 ]

Re: ゴルゴさん

本島で出来る、唯一のロングですから、交通ルールを守る事もいい経験でした。
強い人は、どんなルールでも強いのですから、自分もまだまだって事で、佐渡に向け練習頑張りますよ。
応援ありがとうございました。
[ 2013/07/20 20:56 ] [ 編集 ]

お疲れ様

あれだけ練習しているいわっさんでも、こういう感想記になるんですね。
やはりロングはきついのですね。でもホント、いわっさん、良くやりました。おめでとう。
[ 2013/07/21 18:52 ] [ 編集 ]

Re: お疲れ様

> あつめしさん
ロングは、練習を積まないと身の危険を感じますが、肉体的にも精神的にも強くなる必要があるということが、実証されたのだと思います。
今回のバイクでは、本当に「完走できるのか?」と不安な気持ちが出てきたのは事実です。
この気持ちのレベルが、まだまだ低く、そのためにも自分に自信が持てるだけの練習が必要ということでしょうね。
今回の体調でも完走できたことは、本当に自信にはなりました。
このレースも、今後への積上げです。
あつめしさんの応援には、本当に感謝しています。
[ 2013/07/21 21:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ganchan85.blog98.fc2.com/tb.php/912-7204bcc4














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。