2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スイムで腕の廻し方って

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
ご訪問、ありがとうございます。

今日はデスクワークが多かったからなのか、足のむくみが辛いですね。

それから、季節がら座骨神経痛も。。。足のむくみが、危険信号と最近学習しました。

こんな時は、やっぱりスイム。

スイムの前後で、他人の足から自分の足に変わります。(笑)

スイムは知的障害者に教えていることもあって、「教え方」にも非常に興味があります。

今日も自分の泳いでいる隣のレーンで、成人に対する有料レッスンをしてました。

そこで気になったのが、腕の廻し方。

初心者向けへの教え方なのかもしれませんが、どうして後ろまで掻くこと教えるのかとても疑問です。

腕をグルグル廻して、自然に回る範囲でしか力は入らないのに、それ以上の範囲で掻くことを教えています。

さらに、腕の回し方で肘を後ろに引いた泳ぎを修正しようとしません。

なぜなのでしょうか?

腕を大きく廻すことを教えているのかもしれません。

しかし、見ていると水の抵抗を受けないように廻しています。

筋力との関係もあるので仕方ないのでしょう。

ただそのような方は、この次は肘から腕を引きはじめ、肩(肩甲骨)を意識して廻せません。

自分の子供たちには、バタフライの腕の掻きから教えました。

ただし、1回づつ足は床につけさせます。

キッズスイムのアップや、低級の子供たちに いわゆる「ウー」で潜って、「パー」で
床を蹴って浮かぶことを教えるときに、バタフライの腕の廻し方を自然体として教えます。

実は、ここに大きな教えがあって、床を蹴るのと同時に 水を押してます。

バタフライは、これを水平にしただけ。

そしてクロールは、片手づつにしただけ。

でも、このままでは筋力がないと水の抵抗で腕が回らない。

すると、肘を引き始めます。楽ですからね。

このとき、自分は掻く時間を短くしたあげます。

要は、後ろまで引かずに横から腕をあげさせます。

腕をグルグル回すとわかると思いますが、前後に大きく廻すよりも、
左右に大きく廻すほうが楽なのです。

筋力や肩甲骨周りの柔軟性に応じて、左右から徐々に前後にしていけばいいだけなのです。

きれいに、ゆっくり、楽に泳ぐためのポイントとして、ストリームラインもありますが、
おばちゃん達に多いのは、このような教え方にあるのかな?って思いました。

そう言いながら、自分も入水角や、どの指から入水させるのか、入水後の手のひらの角度とかを
その日ごとに変えて研究中。

今日の積上げ
スイム 2000(キック450 100x15 50)
今日もジャグジーでしっかりとストレッチ


017_convert_20120331105529.jpg
ご拝読、ありがとうございました

スポンサーサイト
[ 2013/01/08 ] 練習記録 | TB(0) | CM(10)

ああーっ、あるあるーって感じです。
フィットネスジムの初心者クロールレッスンでおじいちゃん、おばあちゃんに混ざって教わった時も腕を後ろまで大きく回してグルグルやらされました。肩が抜けそうなぐらい(笑)

初心者への意識付けとしてはありなのかもしれませんが、現実的には不自然な動作のような…

テニスでも雑誌の悪い影響ですが、フォームの分解写真のようにいちいち動きを止めて教えたりする人がいますが、実際には速い流れの中でショットを打つので分解写真的な覚え方では動きがカクカクして不自然になってしまいますね。
その点、小さい頃から理屈ではなく身体で自然な動きを身につけている人たちは身体の使い方がうまいですね。

以前に仕事がらみでスポーツコーディネーションの専門家(順天堂大の東根先生)とお話をさせていただいた時に、「運動能力(運動神経)の基盤は10歳ぐらいまでで決まる。逆に言うと、骨格や体力の違いはあっても運動能力は10歳までに誰でも高めることが出来る。無駄なうさぎ跳びや無理な逆上がりやるぐらいなら、スポーツコーディネーションで様ざまな身体の使い方を覚えさせれば運動音痴はいなくなる」というようなことを仰ってました。

いわっさんがジュニアに教えておられるのは、まさにこの基本的な身体の使い方ですね。おそらく、他のスポーツにも応用が効くものだと思います。

大人になってしまうと、子どものように感覚的に自然に身につけるのは難しいですね。年をとってからは理屈で覚えるしかないので、本を読んだり、専門家に習ったり(笑)
[ 2013/01/09 09:43 ] [ 編集 ]

スクール生で入水するときに腕が真っすぐ伸ばしたままの人が数名います。当人たちは何回も直されているはずなのに直せないようです。他の極端な変な癖の人もいますが、直すのは難しいようです。なぜなんですかねえ? 今日のドリルで25X16で往きはストローク長を長くとって、帰りはピッチを上げる泳ぎをしたのですが、なかなか勉強になりました。
[ 2013/01/09 14:01 ] [ 編集 ]

いわっさんのスイム説明、とても分かりやすいです。参考にさせて頂きます。
スイムで腕の掻きとキックに試行錯誤しています。今日もジムで色々な人の泳ぎ方を見て、本当にそれぞれ違うなぁ~と。私は遅いのですが、スイムが好きなので、楽で気持ち良く効率良い泳ぎをマスターしたいです。
[ 2013/01/09 21:48 ] [ 編集 ]

NEKO

ただ一言!
プールでアドバイスして下さい!
横浜のスイム練、あれば勿論参加したい!
もしお時間ある時に武蔵野支部にコーチとしてきていただけませんか?
市民プールは空いてれば泳ぎやすい所です。
コーラ、ウーロン茶、食事はばっちり用意いたしますので・・・(^^)

[ 2013/01/09 23:30 ] [ 編集 ]

ブログのイメージ 模様替えされたんですね♪
とっても可愛くて落ち着くバックですね(*^_^*)
私はスイムの事はよくわからないのですが
いわっさんに教わったら効率よく習得できる気がしました^^
[ 2013/01/09 23:37 ] [ 編集 ]

Re: りんたろうさん

コメントありがとうございます。
身体の動かし方って、やっぱりみんな違っているので、どこまで同じ表現が通用するのかとっても難しいです。一番楽に動かすことが、一番大切なんだって本当に最近分かりました。
ただ、自分もランやバイクでは教わる立場ですが、やっぱり理屈から入っていしまいますよね。
理屈はわかるが、身体がいうことを聞いてくれないって場合、さらに基礎へ戻って身体の動きを確認するんですよね。でも、楽に動くためには、頭で考えながら動いていては絶対にできないって最近思ってます。
[ 2013/01/09 23:57 ] [ 編集 ]

Re: kanrekiさん

本当に癖って治らないですよね。自分のランニングも、それなりの人が見たら同じように思われるんだろうなぁ。ただこれって、癖の場合もあるし、骨格や筋力の問題もあると思ってます。
そうだとしたら、練習メニューも含め、同一ではなく、プライベートレッスンしかないような気もしてます。
ストローク長の変化、自分も良くやってます。意識するポイントが変わって、全く違う練習になるんですよね。
[ 2013/01/10 00:01 ] [ 編集 ]

Re: yururieさん

参考になりましたかね? 
言葉で表現する限界も感じてます。(単にボキャブラ不足なだけとも言いますが)
50mを1分以内で泳げていれば、あとは練習量の差だけだと思います。
自分の目指しているところも、「楽に速く」なので、いつも入水は静かに、ストローク長は長く、フィニッシュもゆっくり泳いでます。
コツは、先のとがった鉛筆と手漕ぎボートのイメージです。(この表現はわからないですよね(^_^;))
[ 2013/01/10 00:10 ] [ 編集 ]

Re: NEKOさん

NEKOさんの泳ぎは、そんなに癖はないので、あとは左右バランスと息継ぎのときのストリームラインに気をつければ、あとは問題ないような気がしますよ。
今年はレースを入れていないので、時間は空いてますよ。
NEKOさんの手料理も御馳走になりたいので、近いうちに計画しましょう!
[ 2013/01/10 00:14 ] [ 編集 ]

Re: たこぽん♪さん

いつもは、3か月程度で変えていたのですが、今回は長かったですね。(^v^)
たこぽん♪さんもスイムをはじめられて、トライアスロンしましょう!
3種目もあるので、飽きないですよ(笑)
[ 2013/01/10 00:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ganchan85.blog98.fc2.com/tb.php/725-8fa59b6e














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。