いわっさん、「日々の積上げ」

積み上がった経験は決して減りはしない。そんな日々の経験と練習と日々の心境の変化の記録です。

スポンサーサイト

Posted by いわっさん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮古島完走から、リスタート

Posted by いわっさん on   8 comments   1 trackback

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
ご訪問、ありがとうございます

すでに気付いている方も多いと思いますが、ブログのりホームを行いました。

そして、看板も変えました。

「GOTO 宮古島」 から 「日々の積上げ」 へ

トライアスロンを始めるときの目標であった「宮古島大会への出場」
幸いにも、レース3戦目が 宮古島大会 になりました。
そして、完走!

もっと喜ぶべきなのですが、目標設定の「宮古島出場」のハードルは、2011年の佐渡A完走で達成していたのかもしれません。そのため、思ったほどの感動が味わえませんでした。
宮古島の美しさ、島の人々の暖かさ、大会運営のすばらしさなど、ひとつひとつの発見、感動はあったのですが、肝心のレースでのGOALでは、「やったー!」がなかったのです。

きっと、心の中の目標設定がもっと高く、それに対して満足していなかったのだと思います。もっと、できると思っていたのに、自分にがっかりしたのです。

ただ、トライアスロンを始めた時、ブログを始めた時の目標は、4月15日で達成しました。

そこから前を向いて進むためには、新たな目標設定が必要でした。
しかし、「本当は何がしたい?」のか見失っています。
トライアスロンを通して、新しい自分を発見したい、日々挑戦したい、子供たちに挑戦する姿を見せたい。それは確かなのですが、モチベーションが上がりません。

そんな中、「モチベーションは動くことからはじまる。モチベーションは待っていても上がらない。語源は「move」なのだから。」って書いている方のブログを発見し、「まず、動く」ことを選択しました。

「自分を変えるため」ブログレイアウトを変え、タイトルを「日々の積上げ」に変えました。

これは、目標達成するために 「種をまき(リスタート)、水をやり(肉体的トレーニング)、十分太陽にあたり(精神的トレーニング)、養分をもらって(周囲の方々に刺激をもらって)、おいしい(満足のいく)果実を実らせる(成果を出す)」が日々必要だと思いタイトルを決めました。

日々の積上げとは、日々のトレーニングや、気付き、刺激だと思っています。
そして、日々の成果を確認しながら、失敗も成功も受け入れて、「積上げ」て行こうと思っています。
それが、うっすらとしか見えない 最終目標 につながると思っています。

「積上げ」って「積み重ね」より 上を向いているようで、プラス思考が強いかな? って思って。。。
まずは、言葉だけでも プラス思考で!!

年男の今年は、環境や身体も変化しています。
その変化に、順応し、更に成長するため、もう一度気持ちを新たにしてスタートしたかった。

そのきっかけが、宮古島大会だったように思っています。

宮古島、ありがとう!! そして、また「日々積上げ」

今日の積上げ
朝RUN 6.2km 5:42/km 心拍計洗濯中 


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
ご拝読、ありがとうございました
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

スポンサーサイト

Comment

マユゲマン says... ""
初めまして、マユゲマンと言います。
宮古島完走オメデトウございます。なんか今回の記事を拝見して、去年の自分と全く同じなので
ついついコメントをしてしまいました。
僕は昨年初ロングで宮古島を完走しました。しかしレース自体は自分の目標とは大きく隔たって、
体調は崩すし散々でした。
ただ、完走したという感動は自分の手元に残りました。しかし、帰宅後徐々に悔しさもこみ上げて
きて・・・。

と同時にロングを完走した後、練習のモチベーションが全く上がりませんでした。
「これからがシーズンなのに・・・」と心は思っても、体は動きません。

当然、昨シーズンは出るレース全てタイムは過去を下回る散々な内容でした。
僕が取った行動は、いわっさんと同じでとにかく練習はしました。

転機としては秋に出たセントレアではタイムはともかく、完走して大きな達成感を味わいました。
この時はタイムではなくゴールに大きな喜びを感じたのです。僕はトライアスロンの取り組みを
変えた一戦でした。
その後はタイムは時の運、とにかく日々出来る限り練習して、レースもしっかり頑張る。タイムは
二の次になりました。
するととてもトライアスロンが楽しくなりました。

今年も宮古島完走しました。もちろん目標を大きく下回りましたが、今年は悔しさは無いです。そ
れと練習のモチベーションは今年は落ちていません。今度はショートで好成績を狙います。
もちろんタイムは二の次ですが、神様の思し召しがあるかな(笑)。

自分の勝手なコメントお許しくださいね。
2012.05.08 08:38 | URL | #- [edit]
matsu says... "共感できます"
こんにちわいわっさん。
ナイスな記事で共感できます。私も日々の積み重ね、積み上げは自分を大きくしていると実感している真っ最中です。いやなことも、つらいことも逃げないで乗り越えた時に大きな力になっていると信じています。ポジティブさ大事ですよね。
切磋琢磨、お互い同年代だし、頑張っていきましょう!
2012.05.08 20:49 | URL | #- [edit]
kanreki says... ""
永遠の目標「GO TO HAWAII」にしましょうよ。
2012.05.08 23:23 | URL | #- [edit]
いわっさん says... "Re: タイトルなし"
> マユゲマンさん
コメントありがとうございます。
いつもブログは「読み逃げ」させていただいています。(笑) 当然ながら、宮古入り前のブログもレース前に拝読させていただきました。ワイド-パーティの時も 「Mマーク」のマユゲマンさんをお見かけしたのですが、途中で見失い、エール交換できませんでした。

タイムは二の次と頭では分かっているのですが、心では理解できていないのが実情ですね。
ただし、良いのか、悪いのかわかりませんが、日産カップでは、「後悔だらけ」佐渡では、「やったー!+悔しさ」、宮古では「納得」がゴールしたときの心境です。(日産カップはゴールしてませんね (^_^;))

坐骨神経痛が辛かったり、バイクを壊してしまったりでモチベーションが上がらないってこともあります。
しかし、練習も試合も「自分」がやりたくてやっていること。
義務感にならず、練習が楽しくなるように、これからもアドバイスくださいね。

次のセントレアは、ゴールしたとき、心がどんな反応するのか、今から楽しみにしておきます。
2012.05.09 00:05 | URL | #- [edit]
いわっさん says... "Re: 共感できます"
> matsuさん
コメントありがとうございます。そうなんですよね、壁が高いほど乗り越えた時の感動も、成長も大きいと思います。失敗も、成功するための途中経過。決してマイナスにはならないって思います。
「切磋琢磨」いい言葉ですよね。トラもブログも頑張りますよ!!
2012.05.09 00:16 | URL | #- [edit]
いわっさん says... "Re: タイトルなし"
> Kanrekiさん
そのタイトルもちょっと考えたのですが、すでにHAWAII-KONAは行ったことがあるし(当然、旅行)、シュノーケルをつけて泳いだり、自動車で走ったりしました。
「日々の積上げ」の先に「GO TO KONA」があると思ってます!
2012.05.09 00:19 | URL | #- [edit]
NEKO says... ""
いいタイトルですね!
私もトライアスロンをする事によって何となくではない日々・・・を過ごすことが出来るようになった気がします。
年男で宮古島完走が新たなスタートなのでしょうね。
人生楽し~♪ 私もまだまだポクポク歩み続けたいと思ってます。
2012.05.09 15:28 | URL | #- [edit]
いわっさん says... "Re: タイトルなし"
> NEKOさん
トライアスロンをはじめて、毎日が楽しい挑戦で、いろいろな出会いがあって、ものすごく変化しました。
そして、宮古島終了とともに、仕事も私事も 新たなに本格的にスタートしようかな~?って感じです。
みなさんに刺激をもらって、助けてもらって 1つづつ積上げて行きます!
2012.05.10 01:04 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ganchan85.blog98.fc2.com/tb.php/458-8648f165
まとめtyaiました【宮古島完走から、リスタート】
ご訪問、ありがとうございますすでに気付いている方も多いと思いますが、ブログのりホームを行いました。そして、看板も変えました。「GOTO 宮古島」 から 「日々の積上げ」 へトライアスロンを始めるときの目標であった「宮古島大会への出場」幸いにも、レース3戦目...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。