2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チーム一丸

昨夜は、嫁にパソコンを占有されていたので更新せずに寝床へ。
ですので、これは朝の更新です。

昨日も朝ランはなし。というか、日の出が遅くなったためか、なかなか起きられない。
会社では久しぶりの自席でたまったお仕事を片付けてました。
21時前から、ジムへ。
ジムではバレーボール観戦をしながらトレッドミル。
今日はワールドカップで現在1位のアメリカと対戦。
アメリカは、ロンドン行きをすでに決めているが、優勝をかけた試合。
日本はロンドン行きをかけた試合。(後で聞いたのだが、すでに中国が勝ったため今回のワールドカップでのロンドン行き決定はなくなっていたようです)
TVをつけた時は、すでに3セット目。
しかも、セットカウントも2-0。
最後は連続ポイントで勝利
今回でロンドンは決められなかったけれど、何かブラジル戦からチームが変わったように思った。
SAORIの腕ふりに思い切りが出てきたり、チームとしての粘りが出てきたのもこの試合からのように思う。
ドイツ戦でも、最後は負ける気がしなかった。
監督や選手が口をそろえて言っていたのが「チーム一丸」。
大会前の怪我でメンバーの入れ替えが発生。
そのためか、大会前半はなんとなく個人プレーに頼っているように思えた。
「だれかが、ひろってくれるだろう」
チーム一丸の場合は、「すべてが、自分の責任」
トスもレシーブも、ただ返すのではなく、相手が次につなげやすい場所に。
相手の、次にやりたい行動を読んでその場所に渡す。
自分もついこの間(といっても5年くらい前)まで、25年間バレーボールを現役でやっていた。
セッターはアタッカーが打つ場所に、トスを「おいてくる」。
ただ、上手いだけではなく、こういった気遣いができないと「チーム一丸」にはならない。
真鍋監督の指導力かな? 自分にはまだまだ。。足らないものが多すぎる。

そんなことを思い出させてもらった大会でした。
「女子バレー、ワールドカップ4位、おめでとう

今日(昨日)の練習
トレッドミルで 5km。
 疲れを抜くために、ゆっくりと
スイム 1000m(300x3 板キック1000)
 こちらもゆっくりと、水をつかむ感覚を持ちながら

「SWIM1月号」で水をつかむコツが記載されているようなので、あとで本屋にでもいってこよう。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/11/19 ] 練習記録 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ganchan85.blog98.fc2.com/tb.php/285-19ed8592














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。