2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「名前負け」しない

昨日、色々なスポーツで「名前負け」しない試合(レース)をみた。
TV観戦は、東日本女子駅伝。
LSDから帰宅後に、何気なくTVをつけたら飛び込んできた。
レースは、長野が先頭で襷を繋ぐ展開。
最終区では、神奈川が前に出た。
最終区10kmの持ちタイムは、神奈川の選手が1分も速い。
また、実業団でオリンピック代表候補でもある。
その選手に対して、長野の選手は大学生。
長野の監督は「レースでは何が起こるか分からない。名前負けしないレースをしてほしい」とインタビューで答えていた。その後、残り2.5km付近で、予想を反して(?)長野が仕掛け競技場まで先行しトラック勝負。
ゴールまであと200m程度で神奈川にかわされた。
ただ、このレースをみて長野の選手は、監督の言うとおり「名前負け」せずチャレンジャーとしてしっかり自分のレースをしたように思う。今後も注目したい。
また、ゴルフでは アマチュアの松山選手がプロを抑えて優勝。マスターズも震災後に出場し、ベストアマを獲得している。さらに、夜は女子バレーボールで、世界1位のブラジルに3-0で完勝。
みんな、名前など関係なく自分の試合をしたように思う。
経験を積むと、「恐怖心」も経験し、チャレンジできなくなることがある。
いわゆる「守り」の試合をしてしまう。
今年の石川遼選手は、「守り」という言葉は使わないが、「守りのゴルフ」をしていたように思う。

仕事でも、「肩書き」に負けて言いたいことが言えない場合がある。
サラリーマンだからって割り切れない場合もある。
アマチュアスポーツは「仕事」優先であること、「生活」を守るために「仕事に支障をきたさない」こと。が前提のいわゆる「趣味」の世界。ただ、実際のレースではこの壁をどうやって乗り越えるのか、「名前負け」「守りのレース」にならないように、目の前にある壁に正面からぶつかるのか、それとも回り道を探すのか・・・・?
う~ん、って唸ってもはじまらないが、今の自分には答えも見つからない。
まずは、素直に体当たり! 
不器用で、経験のない自分にできること。
ただ、想定できる道具は持って。(自分を信じること=自信をもって)
そのために練習しているのだから。

今日の練習
朝ラン 5km 6:24/km 134bpm


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2011/11/15 ] 練習記録 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ganchan85.blog98.fc2.com/tb.php/281-6ca610d7














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。