2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

レース分析 (何考えてる?)

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
ご訪問、ありがとうございます。ボチっていただけるともっとありがたいです。(^-^)/

まだまだ呼吸器系が回復しない。

というより、風邪かな (笑)


でも、走ったり、泳いだりしているときはなんともないんですよね。

ただ、話をしていたり、深呼吸したりすると咳き込んでます。

明日にでも病院いっとこ



今回のバラモンキングでは、何を考えながらレースを楽しんでいたのかを、今後のために残しておこうと思います。

【スイム】
試泳のときは、水温、体調、ウエットのたるみ具合、ゴーグルの止まり具合 などなどをチェックしながらゆっくりと伸びながら泳いでます。




今回のフローティングスタート前には、第一ブイとその先の背景を頭に焼き付け、1分前にGARMINをスタートし、ウエットの中にしまいました。

スタート直後、いつもならキックを強めにしてダッシュするのですが、今回は楽しむことを目的にしているので、ゆっくりとマイペースで進みます。ただし、楽(ラク)をしたいので、同じペースの人を探して脇の下に潜り込み、ドラフティング。

もっとゆっくりストロークしてくんないかな? とか、方向間違ってない? とか、思いながら、できるだけ泳ぎの上手そうな人を選択してドラフティング。

でも、ひとに付いているだけだと、やっぱり方向を誤るので、ときどきはヘッドアップして方向を確認し、自分は左手を進む方向に真っ直ぐ出しながら泳いでます。 これは、昔のバレーボールでスパイク打つときの感じで、ボールに左手を向けていた習慣かな (笑)

周囲にひとがいなくなると、ドラフティング相手を探し始めますが、そのために体力は使わず、あくまでもマイペースで。

最近のロングのスイムは、肩の上げ方や、伸び方とか、リズムとか意識したり、チェックしたりして、何かプールでドリル練習している感覚で泳いでますね。


【スイム→バイク】
今回、はじめてジッパーなしの2ピースのウエットにしましたが、いいです。

キャップとゴーグルを外して、手に持ってウエットの横っ腹部分を肘で引っ掛けて、女子がよくTシャツを脱ぐようにしてウエット脱ぎます。(Tシャツングのをいつも観察しているわけではありませんよ)
で、ゴーグルとキャップは手を放すとウエットの中にくるまれます。

片付けるのも楽だし、ジッパーのヒモを探さなくてもいいし。。。 こりゃ、いいって思いながら着替えてました。




トランジションバッグの中から、すべて出して身に付ければおしまい。(以前、靴下が片方しかなかった時がありましたね。宮古島で(笑)) ちなみに、自分はバイクから 5本指の靴下です。 タオルでしっかり拭いて、今回はスムースに履けました。

【バイク】
自分の場合、一番の心配は水分が採れるか? です。 過去、5回のロングに出場し、3回は 水分を体が受け付けない状態でバイクを乗った経験があります。今回は、ゆったり泳いだためか、問題なく飲めました。

飲めたら、食べまくります。 といっても、固形物は 朝バナナみたいなチョコケーキだけ。
あとは、OS-1とクエン酸で薄めたパワージェル10本のみ。 そういえば、本当にしょっぱい梅干し10個もありました。

バイクスタートしてからは、島民の皆さんやボランティア、マーシャル、警備の方々への笑顔と声、手の振りでご挨拶。
感謝の気持ちでグルーッとまわります。

最初の周回は、お知り合いが前に居たので、距離を保ちながらついていきました。
だれかターゲットにしてついていくと集中力が保てます。

折返しの対面コースでは、知り合いを探します。
ただ、35km/hくらいで対面走行しているので、ボケボケしてると見つけられません。

これも、バイクの対面コースでの楽しみですね。

あとは、アップは頑張らず、ダウンで集中して風を楽しんで(楽しくない風邪をもらいましたが)進みます。

やっぱり、長い長いバイクでは6時間自分と向き合うより応援していただけると会話もできるし、気分転換にもなるしね。
とっても嬉しいです。

アンパンマンや着ぐるみがたくさんいましたね。
赤いTシャツの、赤い大きな団扇も 踏ん張るときに笑顔になって、リラックスして登り切りました。
1周回目の応援は、リラックスでき、2周回目は応援が力になってくれますね。

そして、自分の場合は GARMINの心拍計をちらみしながら強度を決めてます。
あとは、距離表示で 「あとは熱海から帰るだけ」 とか、この登りは 乗馬クラブ横と一緒とか、普段の練習コースをイメージして距離感や傾斜感を意識します。

130kmくらいからは、カウントダウンですね。 「あと、何キロ、あと何キロ、あと何キロ」って GARMIN見ながら考えてます。

このころからは、抜かれようと、抜こうと、全く意識は無いですね。 そのくらい、バテてきてます。
そう、あとはトイレにいつ行こうか考えるのも、この辺りかなかな (笑)

【バイク→ラン】
今回は、バイクはサポーターに渡して自分はバッグを受け取る前にトイレに行きました。
トイレでは、同じエイジのひとがいて「意識してましたよね」って会話しました。「ラン、頑張りましょう!」とも。
(その方は、エイジ3位でした)

トランジションでは、T1と同様にすべて出しますが、不要なものも入ってます。
天気や体調によって、キャップやアームカバー、靴下の履き替え とかも入れてありました。

今回は暑そうだったので、バイクジャージを脱いで、トライトップにしました。
昨年の皆生で失敗した、レーパンも最初に脱ぎました。(笑)


【ラン】
このランコースは、折り返し2往復。 いいですね。
知り合いとエール交換が だいたい 3回できます。
Bタイプの方ともエール交換できるし、やっぱり勇気と元気が湧いてきますよね。

知り合いも探しますが、同じエイジのひとも探してしまいます。
順位にこだわっているつもりはないのですが、今回はそこそこ調子が良かったので意識していたかもしれません。
ただ、それも21kmまで

ここから先は、自分との戦い。
すべての選手や応援を自分の力に変えて、ゴールを目指して進みます。
2周回目は距離感もわかるし、あそこまで頑張る、次はあの看板まで、あの可愛い女の子のところまで とかで距離をつないでいきます。

ラップタイムは見ていますが、30km過ぎからは 時間を意識し始めちゃいましたね。
やっぱり、12時間を切りたかったんでしょうね。

脳みそが ジェル を受け付けない状態なので、オレンジとコーラで繋ぎます。
いつもなら、「もう少しでエイド」「次のエイドまで」 って意識するのですが、バラキンのランコースは、景色や知り合いを探していたからか、エイド は意識してませんでしたね。

そして、ラスト2kmになれば、あとは楽しむだけ。
「おかえりなさい」「お疲れさま」にたいして、「ありがとうございます!」を連呼しながら走りました。

そして、Finishテープ前では、後ろや前との距離を確認し、カメラやTV写りを意識して Finish!! 


そんなこと考えながらの 11時間46分 でした。
長いようで、長かったですが、今振り返ると 短いかな。





本日の積上げ
スイム 1200(キック200 100x8 200)


goal1
ご拝読、ありがとうございました。こちらでも、多くのトライアスリートと出会えます!

スポンサーサイト
[ 2014/06/27 ] レース | TB(0) | CM(2)

スイムに余裕があるいわっさん、本当に羨ましいです。
3種目の内、比重が少なくてもスイムをクリアしないことには進めない。
昨年のケアンズ以来、トラウマになってトライアスロンは厳しいもの、楽しくないものになってしまいました。
改めて完走、おめでとうございます!
[ 2014/06/27 19:40 ] [ 編集 ]

Re: NEKOさん

ありがとうございます。
トライアスロンを楽しモノにするためにも、長所に着目しましょう!
もし、トライアスロンを続けるのであれば、スイムの制限がゆるい大会を選択するのもひとつでしょうね。
そして、やっぱりアイアンマンに挑戦する 気持ちが出てきたら、毎日 1km泳ぎましょう。
体幹力と毎日の練習で自信が持てるまで・・・
失敗は、諦めてはじめて失敗であり、諦めない限り それは失敗ではなく次のステップの準備でしかないのです。
[ 2014/06/28 00:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ganchan85.blog98.fc2.com/tb.php/1183-02c9b6c6