ボランティアって

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

ご訪問、ありがとうございます。ボチっていただけると 嬉しいです。 *\(^o^)/*


昨日も今朝もさむ~いです。

東北や日本海側は吹雪のようなのでお気をつけください。

そんな昨日は週末の疲れを取るためのアクティブレストで3種目。

寒さと疲れからか?、身体と脳とタイムがまったくあってない感じでした。

夜はスピニングとスイムで60分。

感覚を忘れない程度に負荷は軽くで終了です。


fc2blog_20150207222151039.jpg


自分がトライアスロンを始めたキッカケとなったのは、横浜トライアスロンが初めて実施された時のがボランティアでした。

そしてボランティアを始めたキッカケは会社人の肩書きではなく、個人として社会と向き合いたかった事でした。

そのひとつがスポーツボランティアの選択でした。

コーチも、各大会への参加も5年前のこの頃から始めました。

自分のイメージしているボランティアは、自分の出来ることで少しでも社会に貢献できればというもの。

あくまでも強制ではなく、自己参加だと思ってます。

先日、横浜マラソンのボランティア説明会に参加しましたが、はじめての大会ということもあり、説明会資料に不備があったりしてました。

まぁボランティアも貴重な土日の午後に召集をかけられて、不十分な資料に対しての不満もあったのでしょう。

エリア代表や事務代表に「怒鳴るような口調」での質問となり、ちょっと違うなぁ って感じを持ちました。

そんな立派な準備ができるくらいなら、ボランティアもいらないと思うのは自分だけでしょうか?

社会の役に立ちたいと思う人が、事務局を問い詰めるような口調は、「強制」させられているかのような感じで、なんとなく寂しい気持ちになりました。

確かに今回の横浜マラソンのボランティア構成を見ると、ボーイスカウトや会社、~会など団体の名前が目につきました。

ボランティアへの説明は、最低限のお願いだけであとはリーダーにてお任せできるくらいで丁度良いと思いますが、事務局も観光収入とか、他のマラソン大会との差別化とかの思惑もあるのかもしれませんね。

自分はボランティアでも、このブログでも、個人としてどれだけできるのか知りたいし、やってみたいだけ。

どうしたら楽しめるのかを考えることも楽しみのひとつだと思ってます。

やっぱり何事もせっかくやるのだから楽しまないとね。

そんなことを考える先日の説明会でした。


昨日の積上げ
朝ラン 5.2km 5:58/キロ
スピニング 30分
スイム 1000(キック400 100x2 25×8×2)




ご拝読、ありがとうございました。こちらでも、多くのトライアスリートと出会えます!


スポンサーサイト
[ 2015/02/10 ] 練習記録 | TB(0) | CM(2)