スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

苦手克服は骨盤周りから(その2)

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
ご訪問、ありがとうございます。ボチっていただけると *\(^o^)/*


昨日は雪が積もるかもしれないとのことでしたが、横浜では路面凍結のみでした。

ここ2日間は、横浜で仕事していたのですがこちらの仕事も溜まって帰れない状態が続いてます。

週末もいくつか予定があるので、優先すべきものから片付けていかないと




昨日の続きです。

骨盤周りが硬いとフォーム修正できないことに気が付き、スイムとランのフォームの違いもわかるようになりました。

スイムは頭から尾骨までをまっすぐにするイメージを持って泳いでます。

そしてランは、みぞおちから土踏まずをまっすぐにして押すイメージを持ってます。

要はスイムでは骨盤を後ろに倒して、ランでは前に倒すイメージです。

この動きができないと、「足を身体の真下で着地する」とか、「前傾して走る」とかできませんでした。

というよりも「当人はやっているつもり」でも、身体より前に着地したり、出っ尻で になるのです。

スキーで「前傾して」といわれても「出っ尻」になる人と一緒だったのです。
(理由は違いますが)

自分の場合は、ランが苦手なのですが、ランが得意な人にスイムが苦手な人が多いのは、骨盤周りが硬いとか、上手く動かせないのが原因だと思ってます。

実は同様に肩甲骨周りの動かし方も、スイムとランでは違う動きが必要だと最近わかりました。

これもまたの機会に残します。


昨日の積上げ
研修で横浜出勤。懇親会も雨で中止。ジムに行きたいところですが月始めのお仕事で開いている時間に帰れず。
今朝も睡眠時間確保の為にレスト。
来週から30分だけでも捻出しようと思ってます。



ご拝読、ありがとうございました。こちらでも、多くのトライアスリートと出会えます!


スポンサーサイト
[ 2015/02/06 ] 練習記録 | TB(0) | CM(4)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。