脱水について考える

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
ご訪問、ありがとうございます。

今日の夕方の横浜は、夕立ちがものすごかったです。

自分はみなとみらいのクイーンズスクウエアのビルで仕事をしていますが、トイレに行くときは窓の外の景色が見えていたのですが、帰ってきたらもう雲のカーテン。

雷も近くに落ちたようです。

まあ、そんな雨も30分で小雨に変わりましたが、電車は落雷などで止まっていたようです。



皆生では、スイムアップ後のバイク20km地点で体調の異常に気がついたのですが、自分では脱水によるものと思っています。

また、昨年出場した宮古島でも バイク30km地点で水分を受け付けない状態になりました。

そんな状態から脱出できるように、関係ありそうな「脱水」について勉強してみました。



普通は体重の60%~70%が水分だといわれています。自分の場合は、64%(68kgで43Lくらい)。

その水分が、2%(1L)減少すると のどの渇きが始まるとのこと。

そして、口の乾燥や尿、発汗が止まる状態は 3~9%(1.3L~3.9L)

さらに進行し、頭痛、筋肉痛(痙攣)や水を飲んでも吐く状態などは 10%以上(4.3L以上)失われている



いつもは発汗が多いのだが、宮古島や皆生では 汗がほとんど出ていなかった。

さらに、尿意もなかった。

それと比較すると、佐渡は2回ともバイクに乗ってトイレを探したほど。。。

それに加えて、やはり緊張(気負い)による自律神経の影響で、血流の悪化に伴う 内臓の働きや筋肉の働きを悪化させてと考えている。



これを、水分量で考えると、すでに4L以上も不足していることになる。。。。。これは本当か?

ただ、プールで1.5km程度泳いでいるときでも、1L程度の水分は飲んでいる。

それを考えると、大会は 3kmで 湿度が高く、ウエット着用。

スイム完了後に、OS-1を飲んでからバイクをスタートしているが、せいぜい300cc程度。

バイクに積んでいるのは、500cc。



皆生の最初のASは10km地点。

このときに、2本のボトルをもらったが、約1/3程度で あわせても 400cc程度か。。。

その先は20kmポイントで、このときも2本で 400cc。

すでに1時間近くバイクに乗っていて、1.6L を飲んだかどうか。。。

暑い日のバイクだと、ボトル満タン1.4Lで 2時間か。。。。

スイムとあわせると、2時間で 1L  う~~~ん、そこまで少ないことはないなぁ。


そうすると、やはり体調(神経も含めて)に異常を来していたと考える必要がありそうだなぁ。

あと考えなくてはいけないのが、なぜ、佐渡では問題なかったのか。。。

やはり、季節(初夏で湿度が高い)とか 朝食(宮古島はパン、皆生は赤飯程度でおかずはほぼなし)の問題?


佐渡に出発するまでに解決したいですね。

一応、脱水・熱中症の対策は学んだ。

症状が軽度な場合、OS-1は、やはり最適な飲料。

fc2blog_201307082239597fe.jpg



ミネラル(塩分)も同時摂取。(100mLに対して40mg以上の塩)

予防としては、事前の野菜ジュース、オレンジジュースやリンゴジュールなど。

症状発生時は、「安静」ってこれは無理だなぁ~~(笑)



今日の積上げ
スピニングバイク 80分 (R30含む)
スイム 1400(キック400 100x3 200x2 150x2)


<img007.jpg
ご拝読、ありがとうございました。こちらでも、多くのトライアスリートと出会えます!
スポンサーサイト
[ 2013/07/23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)