TIスイムを自分なりにアレンジ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
ご訪問、ありがとうございます。

ここのところ月曜日は、週末の練習疲れでアクティブレストが多かったです。

でも、本日はそれほど疲れはない。

距離的には先週よりも多いはずですが、やはり心拍を意識したランは負担が少ないのかもしれませんね。

練習の効率としては悪いのかもしれませんが、まだまだ身体づくりの段階にある自分には適しているのかも知れません。

今まで、ランニング練習で故障をしていたということは強度と身体のバランスがあっていなかったのでしょうね。

今年の目標は、1年間故障せずに練習を積上げることなので、しっかりと強度も把握しないとね。


そして最近のスイムでは、先月のLUMINAで特集のあったTIスイムを自分なりに研究してました。

TIスイムという言葉はネットでみたりしていましたが、文字や写真、動画などはLUMINAで紹介されるまで意識してみることはありませんでした。

そのため、自分の泳ぎがTIの泳ぎの意識するポイントがすごく似ていることも初めて知りました。

ただ、動画を繰り返し見て、実際に自分の泳ぎと比較することで違いも認識できました。

そこで導いた自分なりの泳ぎで、ただいま特訓中です。


プルブイをつけて、ほぼビートを使わない25mのストローク数も調子のよい時で11回と減りました。

さらに、ストロークピッチをあげてもストローク数を維持するコツもつかめました。

あつめしさんの、「浮きをとる」をヒントに「間をとる」時のちょっとした肘の使い方で、水を大量にとらえる方法も体感できました。

さらに、TIの45度の意味も自分なりに理解しました。

ただ、理解したのですが本当に実行するには体幹が必要だということもわかり、真っ当に実行するととても疲れます。(笑)

本来の「楽に速く泳ぐ」には、もう少し体幹を鍛えたり、ロングブレスの必要がありそうです。


そんな身の程を知った有意義な月曜日でした。


本日の練習
グループコア 30分
スピニング 30分 96rpm 120bpm
スイム 1000(キック200 100x4 50x8)


course-L33.gif
ご拝読、ありがとうございました。こちらでも、多くのトライアスリートと出会えます!
スポンサーサイト
[ 2013/06/03 ] 練習記録 | TB(0) | CM(5)