なんでインナーマッスルのトレーニングは必要なのか (笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
ご訪問、ありがとうございます。

昨日は、自分の現状の結論を「インナーマッスルトレーニングは必要」とした。

ここに、肝心な理由を書かなかった。

あくまでも「自分の現状」の前に、みなさんが筋トレをする目的とは何なのだろう?

体幹力をあげたい、バイクの上りに強くなりたい、もっと早く泳ぎたい etc. 

もう少し突っ込むと、トライアスロンで早くなりたい。

さて、種目は?

スタンダード? それとも ロング?



自分はトライアスロンのロングで強くなりたい。

そのためには、バイクとランのフォーム改造が必須でした。

そこで登場したのが、ストレッチや骨盤体操、ピラティスなのです。

フォームの修正には、アウターマッスルから骨を解放する必要がありました。

そしてバランスや体軸の調整をメインにしている、補助的な筋肉であるインナーマッスルを鍛えることが必要との結論になりました。

さらにアウターマッスルはパワー系の筋肉であり、消費効率が悪い。

酸素や栄養を蓄えられる筋肉はインナーマッスルに多い遅筋(赤身)。

だから、自分の目的である トライアスロンのロングで強くなる ことを考えると、アウターを鍛えるよりインナーを鍛えるべきと言うことになったということです。

この結論は、昨年もわかっていましたが、鍛え方が間違っていました。

腹筋やスクワットをやっていれば、体幹(インナー)も鍛えられるだろう って思ってました。

しかし実際は、これだとアウターしか鍛えられないということです。

要はアウターを使わないで、腹筋やスクワットをやればいいのですが。。。。ねっ、難しいでしょ。(笑)


いまは意識して鍛えられるようになって、ダイエットにも姿勢改善にも免疫力アッップにも効果あるようです。



さて、明日はいよいよ「佐渡国際トライアスロン」の当選発表です。


fc2blog_20120902213101c4a.jpg

今年もこの Finishゲートをくぐることができますように 

「果報は寝て待て」ということで、もう寝ます。


 
本日の積上げ
ピラティス 50分
スピニング 40分 129bpm 109rpm
スイム 2000(キック400 100x11 50x10)
 
IMG_0003_convert_20120428022752.jpg
ご拝読、ありがとうございました。こちらでも、多くのトライアスリートと出会えます!
スポンサーサイト
[ 2013/04/11 ] 練習記録 | TB(0) | CM(2)