リラックススイミング教本

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
ご訪問、ありがとうございます。どうぞ、ポチってください。

昨日は出張特別スイムでしたが、自分の中でどうもすっきりしませんでした。

最近、色々な方に泳ぎ方を聞かれて、アドバイスをさせていただいています。

何がすっきりしないのか。。。

本当にそのアドバイスは正しいのか?

もっと上手い伝え方ができないのか?

まあ、インストラクターではないのでそこまで考える必要はないのかもしれませんが、アドバイスによっては、余計にフォームを崩したりする可能性も。

ボランティアで知的障がい者のスイムコーチをしていますが、彼らはとっても素直です。

また、複数のアドバイスをすると混乱してしまいます。

数回、「失敗した」って思うアドバイスをしました。

そんなこともあって、ちょっと図書館でスイムの本を数冊斜め読みして借りてきました。

その中には知的障がい者のためのスイム指導本も。(これはあとでじっくり読むつもり)

借りてきた本は、自分の泳ぎに近い(あるいは、アドバイスに近い)本です。


それは、「リラックススイミング」。

51Q3B7AR1ZL__SL500_AA300_.jpg

シドニー、アテネオリンピックに出場した 大西順子さんとコナミが監修した本です。

これと同じタイトルで クロール編 もあるので、もしかしたらこちらのリラックススイミングが詳しいのかも。

51YVBP512GL__SS500_.jpg

この本の冒頭に書いてあるのが、水泳上達の壁にぶつかっている人は

身体が浮かない=>浮かせようと力が入る=>のびやかな動きができず、思うように進まない=>無理して泳ごうとしてさらに力が入る という悪循環。

そして、その断ち切り方として「余分な力が抜けた泳ぎ」をマスターすることを目指した書籍です。

身体が浮く=>気持ちにゆとりが生まれる=>身体が伸び、息継ぎも楽になる=>のびやかな動きができる=>効率の良い推進力が生まれる=>フォームが綺麗になる=>長い距離が楽に泳げるようになる

やっぱりね。

とりあえず、自分の考えていたロングでのスイムの理論をコナミも認めてくれているようです。

それにしても他人にアドバイスするのは、本当に難しいです。


今日の積上げ
スピニング 30分 108rpm 118bpm
ピラティス 50分
スイム 800(キック400 100x4)

本当はピラティスだけで帰ろうと思ったのですが。。。貧乏性なんです。(^_^;)

IMG_0003_convert_20120428022752.jpg
ご拝読、ありがとうございました。こちらでも、多くのトライアスリートと出会えます!
スポンサーサイト
[ 2013/03/28 ] 練習記録 | TB(0) | CM(0)