スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スイムで腕の廻し方って

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
ご訪問、ありがとうございます。

今日はデスクワークが多かったからなのか、足のむくみが辛いですね。

それから、季節がら座骨神経痛も。。。足のむくみが、危険信号と最近学習しました。

こんな時は、やっぱりスイム。

スイムの前後で、他人の足から自分の足に変わります。(笑)

スイムは知的障害者に教えていることもあって、「教え方」にも非常に興味があります。

今日も自分の泳いでいる隣のレーンで、成人に対する有料レッスンをしてました。

そこで気になったのが、腕の廻し方。

初心者向けへの教え方なのかもしれませんが、どうして後ろまで掻くこと教えるのかとても疑問です。

腕をグルグル廻して、自然に回る範囲でしか力は入らないのに、それ以上の範囲で掻くことを教えています。

さらに、腕の回し方で肘を後ろに引いた泳ぎを修正しようとしません。

なぜなのでしょうか?

腕を大きく廻すことを教えているのかもしれません。

しかし、見ていると水の抵抗を受けないように廻しています。

筋力との関係もあるので仕方ないのでしょう。

ただそのような方は、この次は肘から腕を引きはじめ、肩(肩甲骨)を意識して廻せません。

自分の子供たちには、バタフライの腕の掻きから教えました。

ただし、1回づつ足は床につけさせます。

キッズスイムのアップや、低級の子供たちに いわゆる「ウー」で潜って、「パー」で
床を蹴って浮かぶことを教えるときに、バタフライの腕の廻し方を自然体として教えます。

実は、ここに大きな教えがあって、床を蹴るのと同時に 水を押してます。

バタフライは、これを水平にしただけ。

そしてクロールは、片手づつにしただけ。

でも、このままでは筋力がないと水の抵抗で腕が回らない。

すると、肘を引き始めます。楽ですからね。

このとき、自分は掻く時間を短くしたあげます。

要は、後ろまで引かずに横から腕をあげさせます。

腕をグルグル回すとわかると思いますが、前後に大きく廻すよりも、
左右に大きく廻すほうが楽なのです。

筋力や肩甲骨周りの柔軟性に応じて、左右から徐々に前後にしていけばいいだけなのです。

きれいに、ゆっくり、楽に泳ぐためのポイントとして、ストリームラインもありますが、
おばちゃん達に多いのは、このような教え方にあるのかな?って思いました。

そう言いながら、自分も入水角や、どの指から入水させるのか、入水後の手のひらの角度とかを
その日ごとに変えて研究中。

今日の積上げ
スイム 2000(キック450 100x15 50)
今日もジャグジーでしっかりとストレッチ


017_convert_20120331105529.jpg
ご拝読、ありがとうございました

スポンサーサイト
[ 2013/01/08 ] 練習記録 | TB(0) | CM(10)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。