スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

骨盤可動域の改善で

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
ご訪問、ありがとうございます。 

今日はMMランの予定でしたが、雨のため中止。

小雨程度であれば帰宅後に、自宅周辺でランニングしようと思ってましたが、かなり激しくなってきたので夜ランは中止。

ジムもお休みなので家でストレッチと骨盤体操。

最近、いろいろなトライアスロン関連の本を読んだり、骨盤や肩甲骨の可動域を広げる動きをしたりして身体の使い方を勉強中。

やっぱり、少しでも楽に速く動き続けることを目指して。

そこでわかったこと、

自分は骨盤を自由に動かすことが苦手

ランが苦手なのは、骨盤と背骨の位置関係がラン用に動かせていない。というか、ひずんでいてうまく動かない。

理由はいろいろあって、仕事やいままでのスポーツ歴とかとも関係している。

坐骨神経痛が酷くなったのも、骨盤の歪の影響と考えている。

骨盤のひずみは、筋肉の付き方や柔軟性で悪化も改善もしそう。

スイムの場合は、肩甲骨の可動域を広げると速くなるといわれている。

同様にランやバイクは骨盤の可動域を広げると、怪我なく楽に速くなるのではないかって考えている。

すぐに改善はしないと思うが、これも日々の積上げ。

自分の生涯の目標は、楽に速く動き続けることなので。。。。


今日の積上げ
朝ラン 6.3km 5:53/km 134bpm



ご拝読、ありがとうございました
スポンサーサイト
[ 2012/10/17 ] 練習記録 | TB(0) | CM(2)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。